新潟 釣具店 新潟県上越市春日新田1-20-15
TEL025-544-1173 FAX025-544-7557

ショッピング
 
ショッピング 釣果情報 遊漁船  ブログ地図 
データ天気リンク動画釣果投稿
お問い合わせ
お問い合わせ、釣果投稿をご使用のお客様から、当店からのメールが受信できないとご連絡をいただくことがございます。 お客様の携帯電話が、迷惑メール設定になっている可能性がございますので、一度ご確認いただき、下記ドメイン指定の設定をご検討下さいませ。お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせ下さいませ。 
 
 
お問い合わせ
救急外来のある病院 夜間診療など  
 ◆新潟労災病院  0255433123  ◆上越総合病院  0255243000   ◆休日夜間診療   0255223777 

 写真館
2021年
6月~12月
10/14 いい感じになってきました 
島田さんより投稿釣果です。 以下メールより。
久しぶりに糸魚川方面のサーフで夕方から鯵釣りをして、小が14匹と中鯵と思われる鯵が34匹でした。
糸魚川は良型アジが好調ですね!今後もますます楽しみです!
 
10/16 先週に引き続き~ 
小池さん、今週も新堀にハゼ釣り。
先週より、ややシブめではあったものの、飽きるほど楽しめたそう。
コンスタントに釣れ続き、32匹で納竿といたしました。
小池家は、天ぷらにするので、三枚下ろしにするのだそう。
ぬめりやウロコのある小さい魚って捌きにくいですが、それをしないと食べられないし。
丁寧に扱ってもらってハゼも幸せでございます。
 
 
10/10 久々いい引きを堪能 
土屋さんより投稿釣果です。
有間川での釣行でした。釣法は定番の遠投カゴ釣り。
サイズは25cm~28cmのアジが6本の釣果となりました。
11年前の秋は普通に尺サイズ(30cm)のアジが釣れていましたが、久しぶりに良型が釣れました!

おめでとうございます!
40cmクラスの大型目指して更に頑張ります、とのことでした!
ごくろうさまでした!
 
 
10/10 糸がないいいいぃ! 
クロダイ狙いで出撃。なんと外道が74cmのマダイでした。
早朝6時に入釣しましたが、足元のフグを確認できるくらいで、うんともすんとも状態。
エサ取りすらなく、ずっと流すのみの数時間。それでも、大物が近くにいて、小型の魚が寄り付かない状況もありうると考え、確信はありませんが、きっとくるであろうその時まで我慢の時間。
その考えは的中。ヒットしたと思ったら、一気に沖へ走り出す大物。それがどうにも止まらず、スプールの底が見え始め、焦る徳竹さん。さらにテトラ側へ走り出す始末。
パニくりましたが、そこはなんとか回避することができました。ラインも最後まで出切らない範囲でやり取りができ、沖で弱らせお友達にタモ入れを託しました。1.5号のハリスでお見事!ちなみに、この魚が釣れたあと、アジ祭りになったとのこと。
やはり大物がいたことで、他の魚は警戒していた模様。読みもお見事!
 
10/9 まだいます 
日曜日なのでハッピーは満員御礼。入場するまでにかなりの時間がかかり、テンション維持が難しい状態でした。
それでもなんとか入場でき、気合を入れスタート。
風が強く、時々波しぶきが掛かる状況。細かいエサ取りらしきアタリが続きましたが、その中で、「んんん」と思うアタリ。そーっと聞いてみると、小さくくくくっ、とくわえている手ごたえが。思いっきり合わせると一発でフッキング。あとはいつも通り、竿を満月のようにしならせながら、出しては巻き、出しては巻きの繰り返し。本日も54cmの大物を引っさげての凱旋となりました。
 
10/9 今年はアタリ年だ! 
今年お初のハゼ釣行。釣れている情報はあるものの、去年、一昨年の不発がトラウマとなりなんとなく斜に構えての出撃。
ところが最初から、入れればヒットの超入れ食い。手前に落としても、ちょっと投げてもハゼだらけの嬉しいハゼ祭りの日でした。
唯一失敗だったのは、雨具を忘れたこと。降っては止み、降っては止みのお空だったので、その都度車に戻り雨宿り。そんな状況でも正味2時間ちょっとで45匹はさすがです。 
ごくろうさまでした!
 
10/2 入れ食い楽しーーー!
相沢さん、ご家族3人でサヨリ100匹!
豆アジメインでの出撃でしたが、サヨリの群れを目撃!竿を出すとサビキにサヨリが喰いつく入れ食いタイム。面白いように釣れ続きましたが、途中1時間ほど、静かな時間もあったり。それでも、再び周ってきて、最終100匹の釣果。先に来ていたお友達に20匹おすそ分けし、この写真は80匹くらいかな、と相沢さん。
お天気にも恵まれ、久々楽しい日となりました。ごくろうさまでした!
 
9/24  謙虚な気持ちが引き寄せた?!
川合さん、74.3cmのマダイ!!
実は、アジの泳がせでヒラメ狙い。金曜の夜から、手を変え品を変え場所を変えと、試行錯誤しまくりにも関わらず、キビシイ現実の日本海。
翌日の夕方からは、直江津に入り仕切り直し。
エソが釣れたり、シーバス(多分、跳ねたから)をバラしたりと、昨夜より活性が高いので少し期待。そして思った通り、21時を過ぎた頃、大きなアタリが。
ですが、まさかマダイだとは思わず、なぜかエイだと考え、ドラグをガチガチにしてのやり取りでした。
寄せて魚体が見えてから、慌ててドラグを緩める冷や汗ものの状況。
もともと、今回は小型ヒラメ狙いだったので、ごぼう抜きのイメージで、タモは不要とケースの中。片手はマダイとのやり取り、もう片方の手で、タモのセッティング。器用にすべてをこなし、無事タモ入れ。聖徳太子並みの同時進行釣果でした。
 
 
9/22 リフレッシュ釣行 
このところの仕事の忙しさから、ちょいとスタミナ切れ。
クロダイ師の岡本さんですが、今日はがっつり磯釣りではなく、のんびりハゼ釣りで、心と体をリセットするための日と決めての釣行でした。
まずは、名立川。
ハゼ釣りと決めたものの、なんとここにはクロダイがたくさんいるではありませんか。
しかし、クロダイの用意などしていないので、指をくわえて眺めるだけ。
ハゼ釣りと決めて来たものの、クロダイの道具持ってくればよかったな、と少しばかり思ったり。
そしてハゼの気配はなさそうなので、桑取川へ移動。
ここはおチビハゼと、フグだらけ。ことごとく針を取られる始末。
一旦、仕掛けを調達しに再びお立ち寄りいただき、雨が降るまでと、新堀川へGO。
この選択が正解。コンスタントに釣れ続き、1時間で35匹の釣果となりました。
今日は、ハゼくんたちに、心も体も癒され、リフレッシュ。
釣りが一番の特効薬だったってことで。 
 
9/13  やめられません!
岩島さん、本日2匹!
午後1時に入釣。平日のせいか、釣り人は少なめ。
竿を出すと、アタリはありますが、掛かった位置が悪いのか、すっぽ抜け多数。
ただ、場所を移動しても常にアタリはあるので、状況はよいと判断。
イシダイ釣りは、たとえバラしても、魚が散らないことがほとんどなので、しっかり掛けることだけ考え集中。エサのつけ方を一工夫したり、合わせる時間を長くしたり、ハリスの調整をしたり、手を替え品を替え、今までの経験を大放出。
結果、53cmと43cmをしっかりお持ち帰りとなりました。
大物を何度も獲っている岩島さんですが、今でも心臓がドキドキし、手にしたときは震えるそうです。これだから釣りはやめられない!

 
9/12 本日釣り日和 
コマセマダイで、なんと79.3cm6.3kg!
実は昨日も出たのですが、思わぬ雨とうねりに泣く泣くUターン。
本日リベンジと気合を入れて出撃。しっかりモンスターを獲っての凱旋でした。
クーラーから尻尾が出てしまうほどのサイズだったので、魚が熟れないうちにと納竿といたしました。デカかったです!
 
9/10 やる気のないアオリイカの対策 
井口さんより情報をいただきました!

犀潟サーフにて、19時頃。
エメラルダスダート、赤テープアジ2.5号
あまり活性は良くなく、着底してから3回シャクリまた着底で少し待ちでヒットです。
サイズは2ハイ共14センチでした。 

状況を見極めての攻め方さすがです!大きくなりましたね~。
 
 9/10 大きくなってきました
タカトくんより情報をいただきました。糸魚川にて18杯!
すでにしっかりアオリイカの容姿ですね。 いつものことながら18杯さすがです!
 
9/8 土砂降りの中での戦いでした
岩島さん、ハッピーにて54.3cm!
天気予報から、解放は遅い時間だった本日。取り敢えず、佐渡汽船でラーメン食べてから、ゆっくり出撃。
あ、余談ですが、佐渡汽船のラーメンは、釣り人に人気で、美味しいと評判です。
強烈な雨が降ったり、止んだりの日でしたが、めげずに全集中。
アタリはあるので期待大と粘っているとヒット。通常、下へ下へ潜り、底に貼りつくイメージなのですが、このイシダイは沖へダッシュ!
走るとなかなか止めるのが大変なヘチリール。おまけに雨が降っていたので、手が滑ってしまい、思うように操作が出来ず、両手で押さえての攻防戦となりました。
竿は目いっぱい曲がり、リールはゴリ巻き。その状態で、巻いては走り巻いては走りの繰り返し。いつもと違うパターンに、戸惑いはしたものの、そこは百戦錬磨の岩島さん。問題なく取り込みとなりました。平置きの写真で分かりにくいですが、厚みのある立派なイシダイでしたよ。お見事!
 
8/30 唐揚げ食べたい!ビール飲みたい! 
Yさんファミリー、雨上がりを狙って出撃。入ってからずーっと釣れ続き、2時間でこの釣果。しっかりエラとお腹を取り除き、下処理完璧。帰ったら速攻唐揚げに突入できる時短作戦。
ビールまでの時間も短縮でき、一石二鳥なのでございます。 

正しい唐揚げの写真が届きました。う~ん、こりゃあ飲んじゃうね 笑
アジと言えば、DHE、APEが豊富な魚の代名詞。大量摂取で、脳内活性化され、学習能力、集中力アップ!ってことは、釣果も爆上げでしょう。
 
8/29 フワフワからのガツンガツンです 
岩島さん、本日もモンスター引っさげての凱旋でした。
実は、この大物の前に痛恨の3回のバラシ。ご存じの通り、イシダイの口の中は歯と顎が繋がっているギザギザ形状なので、柔らかい場所に掛けないと、上がってはきません。どこに掛かるかはわからないので、ヒットさせるのはその時次第で、とても難しいそう。そしてそして4度目の正直で、ヒット!フワフワからの、ガツンガツン、そしてスーっと持っていき、その後は、強力な力。底に張り付いてなかなか上がって来ないのはいつものことなのですが、多分、今まで釣ったイシダイの中で、一番力があったと思う、と岩島さん。とにかく、竿が一直線になるほどだったとか。それでも、慌てず騒がず、しっかり取り込み。
今季、50オーバーは4枚ほど獲っていますが、どの魚も、お腹の中には、カキ、イガイ、フジツボ等の貝類がガラガラ入っていたそう。今日も おしりから、貝のかけらが出ていました。
痛くないのかと、普通に疑問に思うのでありました。
 
8/19 次のラッキーはサマージャンボ! 
アジを釣ってから泳がせで、大きいキジハタ を釣るのが本日の課題。
豆アジはたーんといるので、速攻泳がせを開始すると念願のキジハタゲット。
もう一本、カニエサのブッコミでクロダイ狙い。
開始から30分がヒットしましたが、エイ疑惑でのやり取り。
でも、そこは百戦錬磨の高橋さん。横に走ったことで、マダイと確信。
なかなか寄ってこないモンスターでしたが、5分のやり取りの末、しっかりタモ入れ。
今年は、ダービー優勝、大マダイ確保と続いたので、次のラッキーはサマージャンボ1等当選かな、とコメントいただきました。持ってる男なので意外とアリかも!
 
8/15 65cm!モンスター出ました!
お盆の最終日、あれだけ降り続いた雨はようやく上がり、お日様が出た本日。
待ってましたとばかりに出撃の中嶋さん。
雨上がりのハッピーは濁りがハンパなく、今日はダメかなぁ、と思いながら竿を出したそう。
そのうちにクロダイが釣れたり、カンダイが釣れたりと、何かしらアタリが出て、楽しい時間を堪能。これはこれでよしとするか、と考えていました。が、突然掛かったのが写真のモンスター。ものすごい力で突っ込むので、ラインを出しては巻き、出しては巻きの繰り返し。
根競べの末、イシダイは力尽き、しっかりタモの中に。この後、53cmを追加して納竿。自己最高記録58cmを大幅に更新し、満足の夏休みとなりました。
 
8/5  お互い限界の中での戦いでした
上條さんスイカで2匹!
水温30度、気温33.6度、クロダイも人間も、恐るべし環境での戦いでした。
上條さんからは、「倒れる前にクロダイの顔を見られてよかったです」とコメントをいただきました。
 
7/26 お初のスイカです 
上條さんより情報をいただきました。
29.2度という水温の中、しっかりスイカで2枚出しました!さすがです。
上條さん、今季お初のスイカでございました。
 
7/24 巨から豆までの日でした 
川合さん、68cmのマダイゲット!
前夜からの釣行だったのですが、その日は手のひらサイズが釣れただけ。
小さかったので、大きくなってまた来てね!と、お帰りいただきました。
仮眠を取り、朝イチからの再チャレンジ。
アジを釣って、ヒラメを釣ろうと考えていましたが、オキアミがまだ残っていたため、その消化も兼ねて再びカゴからのスタート。すると、なんと3投目でヒット。
ですがこのお魚さん、ただ重いだけで、走りもしない。
経験から、エイ疑惑でのやり取り。タモ入れの準備もしなかったほど確信していたそう。
そのおかげで、寄せてきて、マダイだと確認してからバタバタだったそう。
とてもキレイなマダイでした。
その後も続けたのですが、母を追いかけ、6cmほどの赤ちゃんマダイが2匹釣れたとのこと 笑 
後で釣れた豆アジより小さいマダイ。
後半戦は、赤ちゃん対決だった模様。
 
7/22 今日も絶好調! 
タカトくんより投稿釣果です。直江津で57cm!
本日も絶好調なのであります。 
 
7/21 早起きした甲斐がありました
タカト君より投稿釣果です。直江津で今朝80cm!
ハクっぽいベイトがいた模様。 
 
7/16 知らぬ間にタコ絶好調でした 
依田さん、本日タコ釣りにGO!
久々だったので、実績ポイントを巡るランガンってことで、まずは柿崎。
思った通り、まもなくヒット。でも、水面でバラすこと2回。
気を取り直して、大潟へ移動。
タコ部のお友達と遭遇し、仲良くキャスト。ここでは1ハイ。
お友達とここで別れ、最後は直江津港第三東防波堤へ。
なんと、一投目から掛かる好調っぷり。
そして最後の最後に1.45kg。
乗った瞬間はわかりませんでしたが、巻き上げると重さが全然違い、大物を確信したそう。
結局、本日5ハイを獲って終了といたしました。
依田さん、今夜のおつまみを大事に乗せて、帰路につきましたとさ。めでたしめでたし。
 
 
7/13 整列です!
島田さんより投稿釣果です。以下メールより。
昨日の釣果は、糸魚川方面でキスが22と鯵が37でした。鯵は中鯵がほとんどで最大は32センチ、7時半頃から釣れ出しエサがなくなる9時過ぎまでの釣果です。 
キスもアジもサイズがよくて絶好調ですね!
特に、今年は全体的にキスが絶好調!上越も釣れていますが、糸魚川もいい様子でなによりです!
 
7/11  なんと117㎏!!!
八坂丸さん、イシナギ114kg!!
前日は、シブかったのですが、この日は立て続けに大型連発。
60kg、77kg、117kgと、どんどん大きくなっていったそう。
117kgを釣った友野さんは、初めてのイシナギ狙いで、117kgと77kgの2本!!
しっかり獲るとはさすが!!腕も運も最強です!!
いいもの見させていただきました。ありがとうございます。

私は、情報が入ったので、港までひとっ走りし、図々しく記念撮影させていただきました。
こんな機会めったにないですからねぇ。
港は、船長のみなさんやスタッフの方々がロープを掛けたり、クレーンを操作したり、大忙しの状況でした。
上越タイムス、スポーツニッポン新聞に掲載される予定になっております!
仕掛はこちら→ ハリス 固定式先糸
 
 1本目 60kg
 
 2本目 77kg
 3本目 117kg
船からクレーンで下ろします 
 
7/10 正しい釣り方はやはり正しかった 
伊藤さん、投げでキス、そのキスの泳がせで45cmのマコチゲット!
遠投した方が、 キスのサイズは大きいそうですが、ここのエリアは、どん深になっているので意外と、10mちょっと程度でもキスは獲れたそう。
キスが釣れたら、フラットフィッシュ狙い。
教科書通りの正しい釣り方で、しっかりマゴチも釣りました。
久しぶりの出撃でしたが、腕は鈍っていなかった!さすがの釣果でございます!
飲みすぎ注意報出ていますぞ!
 
7/8 翌日にリベンジ果たしました! 
わたなべさん、キジハタ2匹、カサゴ1匹!
実は、昨夜、須沢海岸に入り、20時まで頑張りましたが、残念な結果に涙。
気を取り直し、早起きをし、早朝4時過ぎに梶屋敷のマイポイントへ入釣。
なんと、第一投目から31cm、10分後にもう一匹追加。
幸先の良い釣れっぷりに期待しつつ、テンションが上がります。
気合を入れ、投げ続けましたが、後が続かず、最後の最後に来たのが小さいカサゴくん。
それを確認してから、太陽を見上げ、「やめようかな」と呟くわたなべさん。多分。
高級魚これだけ釣れれば十分!ごくろうさまでした!
 
7/3 MAX30cm! 
島田さんより投稿釣果です。以下メールより。
 昨日は、久しぶりに糸魚川サーフでの鯵釣りをして小鯵、中鯵が28でした。最大は30センチ。他にキスが28(写真はありません)

糸魚川もまだまだ大きいサイズも釣れているようで何よりです!
 
7/3まさかこの時期に釣れるとは・・・
土屋さんより投稿釣果です。以下メールより。
7/3(土)、ホームグラウンドの大潟での釣行でした。釣法は定番の遠投カゴ釣り。
サイズは20cmのサバが3本、25cm~33cmのアジが6本、30cmのメジナが1枚の釣果となりました。この時期にしては珍しく大アジが釣れるとは夢にも思っていませんでしたが、ほぼ爆釣状態でした。今年の大アジは2月の中旬から始まり、GWの終わりにはサイズが落ちたと聞きましたが、そんなのはどこへやら。
釣りに最適な条件だけでなく、雨が降った後で適度に濁りが入っていたのも要因なのかな?
実際には20本近く釣りましたが、半分位は須坂から来られていた方に差し上げ、一番大きいサイズのみ持ち帰り分としました。

平賀さんが真鯛を掛けているのを拝見しました。やり取りが長かったので化け物サイズを察知しました。クーラーボックスは頭隠して尻隠さず状態でした。本当にデカかったです。一度でもいいから大真鯛掛けてみたいな~(それが一番の夢で有り目標です) 

今年は、良型アジ引っ張りますよね。嬉しい限りです。
↓平賀さんのやり取りをリアルタイムで見ることができたとのこと。
その様子や、大マダイの姿を脳にインプット完了。次回はぜひ!
 
7/3 巨大サイズでリベンジ達成 
平賀さん、自己最高記録更新サイズを引っさげての凱旋!
本日、朝3時にポイントに入り、アジのカゴ釣りをしつつ、大物狙いの仕掛もセッティング。
前回はアジがたくさん釣れていたのに、今日はさっぱり。そのような状況だったので、アジは早々に見切りをつけ、4時頃から大物狙い一本に 集中。
しばらくは、静かな時間が続きましたが、1時間半を過ぎた頃、突然大きなアタリ。その後のやり取りから、かなりの大物と確信できたそう。引き寄せたマダイは思った通り、巨大なモンスターでした。あまりにも大物だったので、タモ入れはお隣のルアーマンの方に託し、しっかり取り込み。78.5cm6.2kgの超ビックサイズでした。
昨年は、2回連続で掛け損ね、悔しい思いをしていたので、本日、見事リベンジ果たし嬉しい日となりました。
愛犬のプーチャイくんもお祝いを兼ねて、一緒に記念撮影に参加です。
しっかりカメラ目線いただきました!
 
7/2 終了までに間に合わせました
岩島さん、57cmのイシダイ!!!
毎年、大物を持ち込まれますが、今年も早々にこのサイズ。
この日は午後3時頃からのスタート。
フグなのかサンバソウなのか見分けがつかないアタリはあるものの、持っていかれる感覚はないので、それまではじっと我慢。「ハッピーそろそろ終了時間だなぁ・・・」と思っていたところへ、本命らしきアタリ。全神経を研ぎ澄まして、手元に集中。そこから数秒で間違いないと判断し、一気に合わせしっかりフッキング。ハンパない強さで、粘る相手とヘチ竿での勝負。片手ではとても太刀打ちできず、両手でおさえながらの時間に突入。周りには、サビキ釣りの釣人が、何だろうと集まり、皆に見守られながらのやり取りとなりました。寄せても、なかなか上がって来ず、最後はゴリ巻きで、なんとか浮かせることができました。
今シーズン、何匹も釣っていらっしゃいますが、このサイズは1年ぶり。岩島さんでも、さすがに大きいと改めて感じたそうです。いやはや天晴でございます。
 
 6/26 仲良く入ってきます
藤田さん、今季お初のマダイ!
ポイントに入ったのは19時頃。エサとりもなく、魚の気配が感じられない海でした。
でも、長年の経験から、来るような気配は感じていました。
仲間数名との釣行だったのですが、お一人が、30cm弱ほどのドデカフグを釣りました。
大きなフグが釣れると、沖から連なってマダイが入って来ることが多々あるので、フグが入ってきたであろう道を予測して、 そこから全集中。
思惑通り、しばらくすると藤田さんの竿にヒット。
雲があったので、月が隠れていたのも、好条件でした。
今シーズンお初のマダイをしっかり獲っての凱旋でした。
 
6/26 高級魚入れ食いデー 
関さん、本日ボートで、デカキジハタ2匹!
朝、4時半に、実績のあるマイポイントに入釣。
海は穏やかでカタクチイワシが一面に 湧いている状況。
仕掛を落とすと、30分もしないうちに、根魚入れ食い攻撃スタート。
お持ち帰りは、デカキジハタ2匹とマゴチ1匹ですが、30cm以上のキジハタは10匹以上獲れ、カサゴも入れ食いだった模様。
イナダもいますが、イワシを追いかける様子もなく、ジグには反応しません。でも、それも含めて、めちゃめちゃ楽しい時間でした、と関さん。
毎年、この時期になると、入るポイントですが、こんなにも釣れたのは初めてだそう。
クロダイダービーに入賞されたと思ったら、ルアーでもしっかり。釣りのセンスはピカイチなのであります。
 
6/20  大物は次回獲ってやるぜ!
ひいろくん、本日お父さんと出撃し、アジ、サヨリ、カサゴゲット!
本日早朝4時に入釣すると、一投目からアジが釣れ、速攻バタバタと入れ食いタイム突入。しばらくして、時合がすぎたかなぁ的な状況を向えましたが、直後に今度はサヨリ。
アジの投げサビキを入れたまま、ブラーをはじめ、ジグやらバイブレーションでルアーも堪能。カサゴやアジも来ましたが、残念だったのが、ヒラメとシーバスをバラしてしまったこと。
姿を見てしまったので、悔しさも倍増だったはず。小学5年生で人生のジェットコースターを2度も経験してしまったのでありました。リベンジ期待しておりますよ! 
 
6/20 仲良く睡魔と闘いました 
河内さん、人生お初のクロダイゲット!
先輩に教えてもらいながら、今回2回目のクロダイ釣り。
前回は、アジが大漁。それはそれで、家族に喜ばれたのですが、本命を釣らない事には、と、静かに闘志を燃やしながらの出撃でした。
エサ取りがそこそこいて、暇ではないのですが、夜中の釣りだったので、ある意味睡魔との闘い。時々意識が遠のいたり。掛かっていると分かったのは、エサの回収の時。クロダイも同じように睡魔と戦ってエサを喰っていたのか、アタリを感じず、エサの回収で、リールを巻き始めて、そこで、河内さんは「掛かっていた」ことに、クロダイは「掛けられた」ことに気が付いたのでありました。アジとはまったく違う手ごたえと、ずっしり感を体験。離れて見ていた先輩は、竿が曲がっていることを確認すると、タモ入れに出向いてくれました。
お初で42.5cm、立派です!また一人、磯師の道を歩き始めたのでありました。
 
6/18 いつになく早いです 
MAX28cmの大型カマス、一人16匹!
仕掛を落とすと1匹ずつしか掛かりませんでしたが、1時間でこの釣果。
お見事でした!
 
6/16 巨大な高級魚獲りました! 
タカトくんから投稿釣果です。
糸魚川で40cmのキジハタ!お見事でした! 
 
6/14 本日のお品書き キスづくし
藤村さん、今年お初のキス釣りで大漁! 
入釣して9時まで入れ食い、中だるみ1時間が過ぎると、またしても怒涛の入れ食いタイム。
そんなこんなで、気が付くと73匹釣れていたそう。
ピンもいますが、比較的良型揃い。
お刺身にキスフライにキスの天ぷら、豪華な食卓になりそうですね!
 
6/11 今季お初で50cm 
イガイが入荷したこともあって、今年お初のイシダイ 釣りにホームグラウンドの第三東防波堤へGO。ちょうど出かける時に、石平さんが大物を釣ってこられ、検量中。
しっかりと、イシダイの姿を目に焼き付け、「きっと釣れるよ!」とエールをもらっての出撃となりました。
午前中から入りましたが、アタリもない状態。それでも粘る岩島さん。
状況が変わったのは夕方5時。フグのようなアタリだったので、フグ前提での対応でしたが、んんんん、何かが違う。そこは持っている男。本命が来ないわけがない。
久々だったので、タモ入れに苦戦しながら、50cmと41cmをゲットなのでありました。
 
6/8 シュミレーション完璧 
 大井さん、ウキフカセで71cmのマダイ!
実はクロダイ狙いなので、1.5号のハリスでの戦いでした。
11時からのスタート。海はいい感じなのにも関わらず、なぜかオキアミが残ってくる状況。
長年の経験から、これは、マダイが近くにいるはず、と考え、いつ掛かってもいいように、ドラグを緩めにセッティングし、その時を粛々と待つ大井さん。
思った通り、ウキが入ったと思ったら、即、竿に乗り、沖へ走るマダイ。
そんな状況のタイミングで、仲間からの電話。それでも、「今、マダイ掛けたんだけど、もうじき止まるから」と焦ることなく伝え、一旦電話を切りました。
ある程度のシュミレーションが出来ていたせいか、なにもかも余裕をもって対処できたそう。脳内は、なぜか獲れる確信だけで、バラすことなど微塵も感じませんでした。手前に寄せて、3回ほど突っ込まれましたが、それも想定内。思い描いていた通り、しっかりタモ入れし、マダイを手にしたのでありました。
そういえば、出撃時に「マダイでも釣れればいいや」と言っていたような・・・。
有言実行の大井さんなのでありました。
 
6/4 大きい!
タカトくんより投稿釣果です。
金曜日、ルアーで21時頃、27cmのメバル釣れました。
おおお!大きいメバル!
写真の撮り方もさすがです。